• HOME
  • OEM受託・製造について
  • 工場案内
  • 研究開発
  • よくある質問
  • 会社概要
  • 会社概要

OEM受託・製造について

研究開発

製品を作る上で最も大事な処方の組み立てを行います。
最新鋭の分析・評価機器を取り揃え、豊富な経験・知識を持ったスタッフがあなたの
「こんな製品を作りたい」という『オモイ』を『カタチ』にします。

研究開発の流れ

分析

より高い品質を追求し、製剤中の有効成分のチェックや新規素材の成分分析を最新の分析機器(HPLC、GC、電気泳動システム)を駆使して行っています。

基礎研究

既存の原料にとらわれることなく、弊社独自の新規有効成分の開発を行っています。
特に有効性・有用性への要求が大きいシミ・くすみ・シワ・乾燥などに対して効果的な成分の開発に特化しております。

微生物評価

安全性・安定性の長期間保障のため、弊社では全製品に関して防腐試験を実施しています。
また、パラベンフリー製品に関しても力を入れており、天然の新規防腐剤についてのチャレンジ
テストなども積極的に行っております。

機能性評価

塗布しただけではなかなか効果が分かりづらい化粧品も、専用の機器を用いることにより、その機能性を評価しています。これまでに積み重ねてきたデータを基に作り出される処方により、付加価値の高い製品づくりを行っております。

安全性評価

当社独自の厳しい判定基準で様々なin vitro、in vivoの安定性試験を実施しています。
また、敏感肌の方向けに刺激を最大限抑えた肌ストレスフリーの処方にも、安全性評価は欠かせないものとなっております。

安定性評価

高温・常温・低温などあらゆる条件を想定し、分離・退色・異臭などの変化が起こらないように徹底した試験を行っております。もちろん内容物だけではなく、容器に対する相性などに関しても検証
及び観察を行い、高品質の維持に努めております。

製品開発

これまでに積み重ねてきた処方と経験・データを基に、お客様ごとに最適な商品をご提案出来るよう努めております。また、その時々のニーズに合わせてトレンドを取り入れた商品の新規開発にも力を入れており、既知にとらわれることなく常に進化し続ける製品開発を行っております。